オリジナルTシャツマニュアル


オリジナルクラスTシャツの作り方②

 

シルクスクリーンを洗って型抜きしていく

暗いまま洗面所へ向かったら洗面器に水を貯めます。そして、そこにOHPフィルムを剥がしてスクリーンを浸させていきます。しばらくすると紫のシルクスクリーンにデザインした部分だけ白くなってきます。
これが太陽露光していない部分の感光剤が溶けている証なのです。

軽く指でさわるとと更に紫の部分がはがれていきます。そしてデザインした部分が透明になります。デザインした部分が全て透明になって透けていれば完成になります。

デザインした部分が半透明の紫色の場合は、太陽露光する時間が長すぎた。。。ということになります。
失敗してしまったら、今度はもう少し太陽に当てる時間を短くするように心がけましょう。

 

木枠を作ってシルクスクリーンを張ろう

黒板の板やコルク版を枠から取り外していきます。

そして枠を作成したら周りに両面テープを貼っていきましょう。
両面テープに、シルクスクリーンをたるみがないようにしっかり張っていきます。
両面テープは仮止めのようなもので、あとでホッチキスで止めなおしていきます。また、テープの厚みは薄いものでも厚いものでもどちらでも問題ないでしょう。これも100円ショップで販売されている物をお勧めします。クラスTシャツなので、あまり経費をかけすぎないのが狙いです。


シルクスクリーンの外側の余った部分を折り曲げて木枠を包むようにしてピッタリととくっつけ、最後にホッチキスでパチンと固定していきます。


ホッチキスは1500円位する強力なものを使わないと木枠に打ち込めませんので近所の文具店などで探しみましょう。この木枠を包むように折り曲げるためにもシルクスクリーンは大きめに使うことをおすすめします。

recommend

おすすめ声優養成所と声優のお仕事

2017/11/15 更新

copy