オリジナルTシャツマニュアル


オリジナルTシャツプリントの種類

 

Tシャツなどのプリントに最も多く使用されるプリント方法がシルクスクリーンプリントです。
方法は、シルクスクリーンとよばれる「版」を1色につき1版ずつ作成していきこの版にインクをのせ、順にTシャツへプリントしていくという方法。更にインクの種類を変えることでいろんな種類のプリントが可能になります。そこでこのページでは、オリジナルTシャツのプリントの種類についてご紹介したいと思います。

 

アメリカンラバーインク

特に指定のない場合は、シルクスクリーンプリントにはこのインクを使用していきます。発色も良くキレイなプリントに仕上げることができます。その上、耐久性にも優れています。

 

水性顔料インク

水性顔料インクは生地に染み込むタイプのインクです。プリント部分にも素材の風合いが活かされてきまいきます。しかし黒や紺など濃い色のボディには、プリントが見えづらくなってしまいます。

 

発泡インク

発泡インクとは、プリント部分が泡のように膨らむプリントのこと。ふわーっと丸みのある独特の立体感が出ますから、ポップな感じのロゴ、イラストなどにインパクトを持たせてくれます。

 

クリアインク

ラバーインクでプリントした上にプリントしますから、光沢のある仕上がりになります。
インク自体は透明で、ラバーインクの色味はそのまま再現が可能になります。子供洋服のブランドなどでよく見かけるとても可愛らしいプリントですよ。

 

クラッキングインク

クラッキングインクをラバーインクの上にプリントした際にひび割れた感じになるのが特徴です。通常よりインクを厚くのせるため、特殊な版を使用していきます。わざとレトロな感じのデザインを当てはめたり、逆にポップなイラストを使ったり使い方で個性をアピールできます。

 

ラメプリント

ラメ入りのインクを使用して、キラキラ輝かせるプリント。もはやブランドショップでは定番のプリント方法と言っても過言ではありません。シルバーやゴールドはもちろんのこと、ラメのカラーも多数あります。

 

蓄光プリント

蓄光剤という光を内部に蓄積させ、暗いところで自ら発光するインクを用いたプリントのこと。夜の野外イベントや、ライブハウスなどで目立ちたい!と言う人にはぴったりなアイテムです。

 

フルカラープリント

フルカラーの写真やイラストを、C(シアン)M(マゼンダ)Y(イエロー)K(ブラック)の4色の版に分けて行うプリントです。細かいドットの集合でフルカラーを表現させます。海外のアーティストTシャツやサーフブランドなどによく使用されています。

おすすめWEBサイト 5選

化粧品OEM製造メーカーをランキング形式で紹介!

最終更新日:2017/10/11

copy